微生物関連情報

Aspergillus Brasiliensis

FELIX-MONTERO-JULIAN-PHD-BIOMERIEUX.jpg
by Felix MONTERO-JULIAN PhD
Website.png

Aspergillus brasiliensis

Aspergillus brasiliensis とは

Aspergillus brasiliensis はカビの Aspergillus 属の中でも最も一般的な菌種の一つで、土壌中に広く存在する。

食品の一般的な汚染菌でもあり、工業設備など屋内環境からも定期的に検出が報告されている。

他の Aspergillus 属菌と比較して A. brasiliensis によるヒトへの感染は稀であり、免疫システムが十分機能していない場合に感染する日和見病原体であるが、感染した場合、アスペルギルス症と呼ばれる深刻な肺疾患を引き起こす可能性がある。

以下の内容について概説しています。

  • Aspergillus brasiliensis による汚染の検出と予防
  • Aspergillus brasiliensis の作業者や消費者に対するリスク

本資料のダウンロードはこちらから

 

 

img6FELIX-MONTERO-JULIAN-PHD-BIOMERIEUX
Written by
Felix
MONTERO-JULIAN PhD

Scientific Director Healthcare Business
Healthcare Business Industry Unit
bioMérieux SA, France

1 Patterson, Thomas F. et coll., (2016) Practice Guidelines for the Diagnosis and Management of Aspergillosis, Clinical Infectious Diseases, 63, 15 August, 1-60.

 

 

製品・ソリューションについて、微生物検査のエキスパートから情報提供いたします。