TEMPO®

食品製造向け自動生菌数測定システム

TEMPO® は、食品の生菌数測定における作業を革新的に効率化・迅速化する装置です。
生菌数測定は、食品の安全性に加えて品質の指標になります。
それらの検査は一般的な食品微生物検査プロセスの大半を占め、それらの結果が製造工程、製造環境、最終製品の管理にも活用されます。

主要なパラメーターを網羅しているTEMPO® によって、最終製品の品質を確認すると同時にHACCPに準拠しながらプロセスを最適化することが可能となります。

  • 迅速な結果 - 1テストあたり12秒で読み取り完了
  • 1種類の操作方法で10種類のパラメーターを使用でき、確認試験も不要

 

 

Technical Note ダウンロード

USDA-FSIS 試験法とTEMPO® CAM法での菌数計測の比較結果

 ➡ こちら

 

mCCDA培地を用いた培養法とTEMPO® CAM法での菌数計測の比較

 ➡ こちら

TEMPO slider 1_JP.png
TEMPO slider 2_JP_2.png
特長
connect LIMS

LIMSへの接続が可能

Checked

AOACやAFNORなどの第三者機関による認証を受け、世界中で採用

ICO user -friendly

簡単なトレーニングで使用可能な直感的な操作方法

Temperature

長い使用期間に加え、室温での保管が可能であり、廃棄量を削減して、試薬管理を簡単に。

ICO PARAM

4ステップのシンプルなワークフロー

Checked

前処理が必要ない専用試薬とカード

rapid

最大48時間の短縮:バリデーション済プロトコルを使って結果までの時間を短縮

Alarm

想定外の事象による再測定に備え、9回まで読み取り可能

ICO REMOTE VILINK

VILINK®による稼働時間を妨げないリモートカスタマーサポート

img-threats@3x.jpg
検査

TEMPO® は主要な衛生指標菌の菌数測定を革新的に効率化・迅速化します。"TEMPO® カード"1枚あたりに48本の小型試験管(16本x3希釈系列)を搭載することによって一般的なMPN法よりも高精度を実現し、一枚で3.7 log分の読み取り範囲をカバーします。さらに幅広い食材に対応しており、食品検査室としての全体的な効率化を可能にします。

一般生菌

黄色ブドウ球菌

腸内細菌科菌群

大腸菌群

大腸菌

セレウス菌

真菌

乳酸菌

カンピロバクター

サービス・サポート

製品・ソリューションについて、微生物検査のエキスパートから情報提供いたします。