ウェビナー (英語)

組換え Factor C を使ったエンドトキシン試験

Jay BOLDEN.jpg
by Jay BOLDEN
AdobeStock_93964460-2.jpg

開催日時

30 October 2018
(Duration : 73 mins)

 

ウェビナー概要

本ウェビナーでは、組み替えFactor C(rFC)を利用したエンドトキシン試験とルーチン試験への導入事例について解説します。

Part 1では、rFCの技術やそのアッセイ、また結果の一貫性や検査の効率化などの期待できる効果について説明します。
Part 2では、エンドトキシン試験にrFCを用いた方法を採用してEmgality™ (galcanezumab-gnlm)のFDA承認を取ったEli Lilly社のJay Bolden氏に、導入や承認に至るまでのプロセスについてご紹介いただきます。

 

 

Part I: Endotoxin Testing Using rFC - Technology, Assays and Applications

Presenter :
Karolina Heed
Global Solution Manager Endotoxins
Hyglos - a bioMérieux company

 

Part II: rFC - The Road Less Traveled: An Implementation update and Shared Learning

Presenter :
Jay Bolden
Senior Consultant Quality-Biologist
Global Quality Laboratories of Eli Lilly and Company

 

Karolina Heed - Global Solution Manager Endotoxins at bioMérieux
Written by
Karolina

 

Jay BOLDEN - Senior Consultant Quality - Biologist  Global Quality Laboratories | Eli Lilly and Company
Written by
Jay

Senior Consultant Quality-Biologist
Global Quality Laboratories | Eli Lilly and Company

製品・ソリューションについて、微生物検査のエキスパートから情報提供いたします。